株式会社アドヴァン

In-Fire 743

インファイヤー 743


商品詳細

埋め込むと見えなくなる部分はこんなにも大容量。優れた暖房能力はここから生み出されます。送風機付きでさらに熱効率アップ。

ドアハンドルは着脱式を採用。平時は取っ手を取り外し、フラットデザインを楽しめるようになっています。

火床は耐熱合金を使用し、薪だけでなく無煙炭も使用可能。石炭を使用の際はレバーを動かし火床をオープンポジションにするだけです。

簡単なレバー操作で灰をトレーに落とせます。お手入れにも気を利かせたおしゃれな薪暖炉です。扉を開くと自動的にファンを停止させます。

ファン付きなので暖かいビルトインタイプ(薪暖炉)

今までの薪暖炉は、暖気が煙突をつたって外に逃げてしまい、あまり部屋が暖かくなりませんでしたが、インファイヤーシリーズは下部に設置された送風機が暖まった空気を部屋に送りだし、部屋全体をとても暖かくしてくれます。

壁やコーナーに埋め込むビルトインタイプの中でも埋込密閉式薪暖炉は、背面に逃げる熱が少なく、70%という高い熱効率による暖房効率の良さが特長です。薪・無煙炭、両方の燃焼が可能な耐熱合金の火床を採用。二次燃焼の操作も簡単で、サーモスタット機能により内蔵されたベンチレーションで心地よい安定した温風を送り出し、自動的に最小燃料消費量と給気量をコントロールします。このシステムは、空気の流れによってガラスを炎や煙から保護し、きれいに保つ効果もあります。

施工例

デフラ認証:DEFRA approved

DEFRA

英国環境・食料・農村地域省DEFRA による排煙レベル規制。 BS EN13240 の基準( 燃焼効率72% 以上、CO 排出量1% 以下) を満たしつつ、薪ストーブの 出力別に微粒子の排出量にも規制をかけるもの。 デフラ認証を受けた薪ストーブのみ、英国都市部の排煙規制区域内とされる住宅密集地で使用可。

SIA エコデザイン レディ:SIA eco-design ready

SIA

英国ストーブ工議会(SIA) は、2022 年からヨーロッパ統一基準となるE co-Design A を前倒しで 達成することを推奨し、達成できたストーブには独自ロゴの表示を許可しています。

※ Eco-Design A 2022 年よりヨーロッパ全体で薪ストーブに課される排煙レベル規制。2022 年以降は、この規制を クリアした薪ストーブのみ生産も販売も可能となる。 出力に関係なく、一律で( 燃焼効率75%以上)(CO 排出量0.12%以下) (微粒子の排出量40㎎ /㎥以下) (窒素酸化物200㎎ /㎥以下)が条件。

ブルーテクノロジー

blu

自社製品のなかでも特に優れた薪ストーブには2010 年よりチャーンウッドのオリジナル規格 「blu テクノロジー」のマークをつけて販売するようになりました。

エコールとは

ecoal

石炭の粉にオリーブオイル製造時の絞りかすを30%混ぜて固めたリサイクルエコ燃料。 薪に比べて、煙が少ないので都心でもご近所を気にせず安心して薪ストーブを楽しめます。 薪に比べて、価格が安く、かさばらないのが魅力です。